飛田新地求人の新着情報

飛田新地とソープの仕事や給料の違いについて解説します!

飛田新地の料亭はかなり稼げると評判ですが、ソープより稼げるのでしょうか。仕事内容もソープランドと比較して楽なのか、 これから仕事を始めようとする方は大変なのか気になるところです。

そのため今回はソープと飛田新地を比較してみました。

お給料】の違いもありますが、それ以上に【仕事内容】も違います。
もちろんそれぞれの仕事で合う合わないがあるようです。

この業界では稼げるのが一番大事ですがさらにご自分に合う仕事場で仕事を見つけることが一番ですよね。
飛田新地とソープの違いをみてどちらがいいか判断してもらえればと思います。
それでは見ていきましょう。

ソープランドとは?

ソープとはについて復習しながら解説していきます。
ソープランドは、湯船のある部屋で女性が顧客に対し性的なサービスを行う風俗店である。
風俗店の中でも性交を含めたサービスを提供するため「風俗の王様」と称される。
日本で独特に発達した営業形態である。
日本ではいわゆる売春行為(金銭を介して性交する行為)自体は犯罪になるため、ソープランドはなぜスルーされているのかを疑問の方も多いかと思います。ソープランドの現状法律に抵触する可能性が濃いソープランドだが多額の利益を上げるソープランドの密集地域では、税収で町を潤わせているといった側面もありながら現在ではソープランドの新規出店が一部地域を除き規制されているため店舗数は減少に向かう方向にある。

原因として行政の締め付けエイズなど性病の流行性風俗業の多様化若年層の風俗離れなどが考えられます。
また18歳以上の女性の身分証徹底保健所の立ち入り検査店内の衛生状況の検査・指導の徹底性感染症の検査の積極性このように通常の無店舗型(デリヘル)などに比べると、より徹底管理されたのが現状のソープランドの実状です。

ここで一つ疑問が出ますが、行政(国)は法では禁止されているソープランドの行為を見逃しつつ、保健所や警察の介入をしながら営業を容認してます。
その理由が、

  1. 税収
  2. 地域活性
  3. 廃業による失業の流出
  4. 犯罪の増加

です。

無くなればそれ相応の大きな被害(性犯罪増加)が出ることも国はわかっているのでしょうね。

ソープは建前は『入浴』に来た顧客に対し、女性と恋に落ちたから行為に及んだ!
という無理な設定を押し通して営業してます。
飛田新地なども同様に、小料理屋で従業員と顧客が恋に落ちて行為に及んでしまった…。
という設定をしているのはご存知ですよね。
同じような理屈なのです。

高級・大衆ソープの違いソープについての入口はわかってもらえたかと思います。
それでは大衆スープ、高級ソープなどソープランドによって違いがあったりします。
具体的にはないが違うのか見てみましょう。

高級・大衆ソープの違い

①時間・料金

  時間・料金大衆店高級店
時間30分~120分~
料金12,000円~50,000円~

まず大衆ソープと高級ソープとでは料金と時間に大きな違いがあります。
大衆店は短いコースで30・45分などから利用でき、安いお店だと総額12,000円~で利用出来ます。
一方高級店は基本コースが120分~などになり総額50,000円以上のお店が多いです。

②女性のルックスレベルの違い

高級店では料金に見合った女性を厳選する為にルックス・スタイルが優れている女性を採用することが多いです。
さらにサービス・顧客の対応などが出来るなどという面も面接では見られるため、採用基準は非常に厳しくなってます。
その上、高級ソープの場合は120分を充実させるために、各種講習会やヨガのコースなどがあり、勉強しなくてはいけません。
もちろん、講習会もヨガなどのコースは無料で受けられますが、それだけプロのお仕事を求められるということです。
ヨガのコースが無料ということはそれだけ体が柔軟である必要があり、マットでのお仕事がかなりハードであるということがわかります。
マットのないソープもありますが、マットがない場合はアロマトリートメントなどレベルの高いマッサージ技術が求められます。
その技術を取得するまでは、収入もあまり期待できません。

③お店の内装・設備・スタッフの違い

大衆店は内装は改装するが、外装などは以前の仕様をそのまま利用することが多く、高級店のように細部まで造り込むことはありません。
料金的にはデリバリーヘルスと同様の価格帯の為『回転率』で利益を底上げする為、顧客の満足度は女性の質によって保たれているとお考えください。

また、スタッフの教育も大衆店と高級店では一線を隠し、スタッフ用のマニュアルがあるか、ないかでも大衆と高級を分ける目安になるでしょう。
ちなみに高級店は顧客の送迎無料などがあります。

④入室~退室までの違い

 入室~退室まで 大衆店高級店 
入室時  挨拶のみ即フェラ 
入浴時 マットプレイ 即ベッド 
ゴム 必須中出し 

大衆店よりも高級店の方が顧客から求められているものは多いです。
基本的には入室から退室までの顧客に対するサービス内容を徹底されることが多いですね。

高級店は『即即』と呼ばれるお店がほとんどであり、いわゆる即尺即ベッドというものであり、入室してからシャワー前にフェラでお出迎え、そのまま本番をするというサービスです。

ゴムに関しては完全スキン着用(S着)、スキンなし(NS)、生中出し(NN)などの違いがあります。

⑤女性の給与の違い

給与大衆店高級店
60分8,000円~×
120分15,000円~40,000円

大衆店は安いお店で60分8,000円~の給与が大半となり、デリバリーと大きな違いはありません。
その点高級店は求められることも多いので必然的に給与の高くなります。
ただ雑費という形で給与から引かれるものがあるので、高級店の方が実際に引かれる額も多くなります。
高級ソープはお給料も格段上です。
高級ソープで働いている人の中には、年収一千万円を超える人もいるそうです。しかし実際のところその域に達する人はほんの一握りです。

一般的にソープのコースは120分で、もっと長いコースもあります。 なので60分は書きません。 短くても50分で、それ以下というコースはほとんどありません。

⑥大衆店と高級店どっちがいいの?

高級店向き 大衆店向き 中級店向き
➀容姿・サービスともに自信がある
➁新規の顧客を何度もリピートさせる自信がある
➀徹底的に管理されたサービスには自信がない
➁マットもあまり得意ではない
➂とりあえず本数がついて楽に稼ぎたい
➀容姿・サービスなどには自信がある
➁病気が怖い
➂激安店などはプライドがあるので働けない

お店には各々特徴があり、高級店はキッチリ管理されてます。
高めの給与はあるものの、リピートがなければ3ヵ月には坊主(給与0円)の可能性もあり、即即など病気のリスクも増大します。大衆店は顧客の数は一番ですが、一本単価が非常に安く大金を稼ぐには量をこなさなければいけない為、メンタル面や身体的に疲弊する可能性があります。
しかしゴム必着など病気のリスクを最小限まで抑えることが出来ます。

大衆ソープで働くなら飛田新地のほうが稼げます!

 大衆店飛田新地
入室時挨拶のみゴムフェラ
入浴時 マットプレイ なし
ゴム 必須必須
プレイイチャイチャイチャイチャなし
時間30分15分

また、高級ソープではなく、大衆ソープになるとお給料はかなり低くなり、飛田新地の売れっ子よりもはるかに少なくなります。
即日仕事が始められる飛田新地でのお仕事は、未経験者でもその日のうちにすぐに開始できます。
最初の日は「体験入店」というお試しでお店に入るシステムがあるのですが、その日からお給料も発生します。
その時にお仕事内容の説明がありますが、基本的に何をすれば良いか10分程度で説明が終わります。

接客が難しくない飛田新地は仕事時間も短い

接客時間も全体的に短く、一番長いコースで60分、
一般的に15分または20分のコースが一番利用される可能性が高いため、接客も比較的簡単です。
話す必要もほとんどありませんし、テクニックを要することは何もありません。そもそも20分では、お話しする時間もほぼ無いに等しく、テクニックを披露する間も無く終わります。
※詳しくは【飛田新地の仕事内容】についてお読みください。

そして、キスなどしたくないことを嫌だと言える自由さが飛田新地にはあります。
基本的に短い時間の接客で、女の子が主導権を握っているというのが、飛田新地とソープとの違いです。

また、ノルマもありませんから、お客さんからのクレームがある可能性もありません。
ほぼナイナイづくしだと言えるのが飛田新地です。

仕事の時間もノルマが無いので、1日何時間待機などという決まりもなく、自由に時間を使うことができます。
週に2回程度から働けます。そのため、飛田新地では、何か目的があってその目的を果たすために必要なお金を貯めるために働いている女の子もたくさんいます。

飛田新地とソープ、お給料の違いは?

ソープには、大衆ソープと呼ばれる安いソープから、高級ソープまで色々あります。

給料比較表

高級ソープ  大衆ソープ飛田新地
時給換算¥20,000¥10,000¥20,000
日給¥80,000~¥120,000¥40,000~60,000¥80,000~¥120,000
年収最高2,000万円以上最高1000万程度最高1,500万円以上
コース120分以上~メイン30分メイン15分メイン
回転率遅い普通早い

次に飛田新地のお給料を見ていきましょう。
飛田新地は

  • 15分5,000円
  • 20分7,500円
  • 30分10,000円
  • 60分20,000円

です。
実際のところ、60分のコースを頼むお客さんは少なく、ほとんどが15分または20分コースです。
1人のお客さんの接待をした後に、待機時間もありますから運が良くても1時間で20分コースのお客さん2人が最大限ということになります。
その場合で1時間15,000円です。

飛田新地の場合高級ソープと同じように稼ごう!となると本数をこなさなくてはいけませんが、仕事の負担がソープに比べると軽いので1日に80,000円程度稼ぐことは難しくありません。

また一見さんと呼ばれる一回限りのお客さんも多い点がソープとは違います。
ソープは基本的に馴染み客ができないとなかなか稼げるようになりません。
その上、お客さんも支払い金額が高額ですから要求もそれだけ高くなり、仕事もハードです。
飛田新地では、最高級ソープにはかないませんが、
それでも大衆ソープ以上の給料が期待できます。
お給料も組合によって一律とはっきりと決められていますし、雑費などを引かれることもありません。
また、店そのものも小さく、1軒のお店で働いている女の子はだいたい1日2〜3人に、呼び込みのおばちゃんくらいです。
女の子はお茶菓子を持ってお客さんと2階に上がりますが、店そのものが小さいので嫌なことをされそうになったら、即おばちゃんを呼べます。お客さんとのトラブルが少ないのも飛田新地の特徴です。

女の子がしなくてはいけないことが少ないのでクレームもありません。

一方ソープは浴場で、お客さんは入浴料を支払って入ります。
内部は個室で、個室ですることはそれぞれの店で決まりがあり、女の子がしなければならないノルマもかなり大きいことが特徴です。
お客さんも支払い金額が大きいため、それなりに要求が強く、ノルマが果たされないとクレームになることもあります。

浴室の仕事であるため、長時間の仕事はお肌への負担も大きく、敏感肌の人にはかなりきつい仕事だと言われています。高級ソープからだと特に拘束時間も長いため、合わないお客さんに当たるとかなり苦痛も大きくなります。

まとめ

飛田新地とソープを比べると、1番の違いは接客する時間です。
ソープに比べると飛田新地は、1人当たり4分の1以下の時間ですから、特別な接客技術はあまり必要ありません。
お給料も、高級ソープに比べると単価は低めですが、高級ソープで働くためにはそれなりの技術をマスターする必要があり、即それだけの収入が稼げるわけではありません。

その点、飛田新地の場合は、かわいければどんどんお客さんがついて収入に結びつきます。そのため、何かの目的のために短期間働いてお金を貯めたいという人は飛田新地がおすすめです。
貴女からの【お問合せ】をお待ちしております

ページトップへ